神秘内容 Loading...
  現在日本人は,日常ほとんど洋服を着て生活しているが、和服は正装として,あるいは室内着として現在でも愛好されている。
  女性の着る和服は、キモノとして外国でもなくよく知られた美しい衣装(いしょう)である。このうち一番豪華なものは,花嫁が着る打ち掛けである。これは絹の布地(ぬのじ)に金銀の箔(はく)織り込んだ金糸、銀糸で刺繍を施し、多く花鳥(かちょう)の図案模様を描いたものが用いられる。
  このほか未婚の女性と既婚の女性ではキモノの模様色合いが異なり,正式の訪問か遊楽のためかなど外出の目的によっても,布地、模様、色合、仕立て方などが異なる。一般の女性がキモノを着るのは,正月、成人式、大学卒業パーテイー、結婚式、同披露宴、葬儀などである。
  洋服が体形に合わせて作られているのに対し,キモノは体形との相関関係がルーズであって,着付けによって身体に合わせるため着方が難しい。日常洋服で生活している最近の若い女性の大部分は,自分一人でキモノを着ることができない。
  キモノの持つ奥床しさ、落ち着きの美しさは,染織の美しさによるということ以上に,キモノを着ることによってかもし出される雰囲気によるといわれる。
  男性がキモノを着るのは,現代では主としてくつろぎのための室内用に限られるが,正月などに自宅において客をもてなす時などには,和服を着ることは珍しくない。和服の正装では羽織、袴(はかま)をつける。
  最も軽便な室内着として,木綿地のゆかたがある。特に夏期に,入浴後ゆかたを着て室内の風通しのよいところで涼をとり,くつろぐのには最適のものである。
 
神秘内容 Loading...

你可能对下面的文章也感兴趣:

 

上一篇:日本的禁忌  
下一篇:世界各地咖啡文化
[推荐] [返回顶部] [打印本页] [关闭窗口]